転勤妻*好きを極める

<ブログ名は自分へのメッセージ!> 最近は多嚢胞性卵巣症候群と診断された私の妊活日記になってます

転勤妻になると決め、引越してきて2週間が経とうとしています。

 

「私なら知らない土地でも楽しんで暮らせる!」

「パートだってすぐみつかるでしょ!」

「パート見つけて来月の私の誕生日には準備万端で入籍」

とーっても前向きな気持ちで引越してきました。

 

このブログも、これから転勤族になるので転勤した先々で

その土地を好きになるため、外出するきっかけのために開設しました。

(具体的には、観光地やおいしいお店、おすすめのスポットを紹介していこうと思っていました。)

 

しかし、

弱音を吐くのはまだ早いかもしれないですが、

「お金稼がなきゃ経済的に負担になる。」

「ハンドメイドのアクセサリーを作りながらマイペースに暮らしたい。」

「将来的に私の地元で暮らすなら、これまで通り実家にいて同じ職場で働きながら私もしっかり貯金したい。」

「働きながら実家の1階でマイペースに雑貨屋開きたい。(前々からこの願望はありました)」

「しぶしぶ実家に預けてきた私の犬が心配。軽いペットロス状態。」

こんな考えがぐるぐるぐるぐる。

引越した翌日にハロワで(本心の希望条件とは合っていない)契約社員

焦りで応募したものの、結局は面接の3日前に辞退。

お金稼がなきゃというプレッシャーを感じている反面、なかなか見つけられず

これが転勤のたびに、繰り返されると考えるとどんどん小心者になっていきます。

 

ネットで同じような悩みの人はいるのかと見てみると、

このままではこの質問者さんのようになってしまいそうと思いました。

この方、今は幸せに暮らしているといいですが。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

夫婦は一緒に暮らすもの、一緒に暮らさないなんてとんでもない!

そういう考えの人はもちろんいると思います。

ただ私たちには週末婚が向いているのかもしれません。

彼に単身赴任してもらうということですね。

飛行機乗ったり新幹線乗り継いだりと会うのがとてつもなく大変な距離ではない。

そのかわり夫婦の"信頼関係"それが1番問われますね。

愛情もお金もどちらも大事。